スポンサーサイト 

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

引渡までが仕事です 

牧場 | トラックバック(0) | コメント(2)

先日のセリで売れた馬の移動日でした。

セリ売却馬は、ハンマーと同時に購買者の所有にはなってるのですが、
馬の引渡しが後日というのが、日本のセリの独特なところです。
引渡期日までは、売主が飼養管理する訳ですが、
売主には、この間、善良な管理注意義務が課せられます。

ところで、「善管注意義務」って、法律用語にしては、あいまいでイヤ。
プロとして、常識的な注意を払って管理をしなさい、という訳だけど、
馬の飼養管理の方法は、牧場によってそれぞれ。
場合によっては、常識が180度異なることも珍しくないし。
とにもかくにも、ケガのないことに尽きますが・・・

今日は、無事に移動を終えてホッとしました。

人気blogランキング ←いつもクリックありがとうございます。

[2006/09/08 23:47] | 牧場 | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲

≪399万円の馬で秋華賞狙ってます その6 | ホーム | 従業員は会社の宝≫

コメント

うちも今日は2頭移動して、サマーセールの売却馬はいなくなりました。
 全くこの無料預託期間ってのはどうにかならんモンですかね~
 無料って言ってもうちのようなコンサイナーに預けている方は日々預託料がかかるわけだし、この間に怪我でもしたらいったい誰の責任なんじゃ!
 引き渡すまでヒヤヒヤですよ!
生産者には沢山要求するのに、購買者側は全く変わんないような事をまだまだ続けるんですかね~ 軽農協さん

[2006/09/09 21:40] URL | ハピネモ [ 編集 ] | TOP ▲

無料預託期間中に、事故が起きた場合、
引き取りや、支払いを拒まれた、という話は聞いたことがあります。
ハンマーの後であろうと、売主が起こした事故であれば、
代金を払いたくないと思うのは、当然の心理でしょうね。
時として、事故は起こるものですから、
その場合でも、心配しなくてもよい規約が望まれます。

[2006/09/10 23:30] URL | 橋本 [ 編集 ] | TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://thoroughbred.blog20.fc2.com/tb.php/317-8b8491df

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。