スポンサーサイト 

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

2011年・牧場10大ニュース 

牧場 | トラックバック(0)

1位 天皇賞(春)優勝
やはりこれが今年の1番のニュースでしょうね。勝ちたいと思い続けて、ようやく獲れた念願の勝利でした。

2位 凱旋門賞挑戦
競馬人にとって夢という言葉がこれほどふさわしいレースはないでしょう。そのレースに生産馬が挑戦したというのはブリーダーとして誇らしいことでした。フランス旅行も楽しかったです。

3位 障害で一変
安定した飛越を見せてくれるディアマジェスティですが、実は障害入りしたのは今年の出来事だったんですね。とんとん拍子で勝ち進み、遂には暮れの大障害に出走するまでになりました。頂点には一歩届かずという結果でしたが、たくさん楽しませてもらいました。

4位 メアリーリノアの逆襲
これまでうちではインヴァイトの系譜の活躍が多かったんですが、今年はヒルノダムールやディアマジェスティなど、メアリーリノアの孫たちががんばってくれた年でした。来年は同じ系譜のレーヴドマリーにも期待したいです。

5位 放牧地の大改修
馬づくりは土づくり…という訳で今年は放牧地の改修にも取り組んだ年でした。地味に聞こえますが、馬は多くの時間を放牧地ですごしますから、生産馬の品質にかかわる大きな出来事でした。

6位 ハーマジェスティ引退
タフに走って楽しませてくれた本馬ですが、先日引退して牧場に帰ってきました。半妹のソリッドプラチナムとはタイプが違いますが、母似の雄大な馬体の持ち主でいい繁殖になってくれそうです。この馬が帰って来たことは牧場にとって大きいです。

7位 ロイヤヴァレー死亡
これはショックでしたね。母デトロワも兄カーネギーも凱旋門賞勝馬という良血馬で、期待して輸入したのですが、わずか3頭とっただけ・・・償却すら終わらないうちに、ぽっくり逝ってしまいました。金額ベースなら間違いなくワーストニュースですね。

8位 クラブ馬引き続き不調
クラブに馬を提供して、走ってもらい、付加価値をつけて牧場に戻す。上手くやれば最高のビジネスモデルだと思うのですが、上手く行きませんでした。「走る馬を生産する才能」と「走る馬を見抜く才能」これがないから、今年も会員さんには迷惑かけっぱなしでした。

9位 馬房貸与
使っていない厩舎や社宅があったので、借りたい人を見つけて使ってもらったのも今年の出来事でした。初めての試みでしたが、アルバイトもしてくれるし、いろいろ助かりましたね。

10位 地デジ放送終了?
ネタがないので、個人的なニュースですが、テレビばかり見ている自分に嫌気がさして、見るのやめました。せーせーしました。

それでは良いお年を

[2011/12/29 23:56] | 牧場 | トラックバック(0) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://thoroughbred.blog20.fc2.com/tb.php/956-8a20e7ae

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。